メインイメージ

ローン中の車を廃車買取に出す

ローン中の車を廃車買取に出すことはできる?

自動車は非常に高額の商品であるだけに、それを即座に購入できるというような人はあまり多くありません。

ほとんどの人はローンという形で自動車の代金を分割で支払っていくこととなりますが、このローンが完了するまでは「残債」を支払っていく義務が生じることとなります。

しかしながらローンが残っているから自動車が使用できるというようなわけではありません。たとえローン中の自動車であったとしても、何らかの事情で廃車にせざるを得ないというような状況になってしまうことがありますが、こうした自動車を廃車として買取に出すことはできるのでしょうか。

これに関しては「必ずできるとは限らない」というのが答えになります。

ローンで自動車を購入するというような場合には、ローンが完了するまで所有権は貸付をしている会社に存在しているという扱いになっているケースがあります。

消費者が主たる使用者であるにもかかわらず所有権は別の場所にあるという状況は「所有権留保状態」と呼ばれますが、この所有権留保状態だと、法的な所有者はあくまでもローン会社ということになります。

残債をすべて支払えば所有権は消費者に移るわけですが、残債を払いきるまで、所有者は一時的に所有権を借りているだけに過ぎません。自身がこの所有権留保状態になっているかどうかということは、車検証の所有者名義を見ることで確認をすることができます。

車検証に記載された所有者がローン会社などになっている場合は、所有権が自身にないため、原則としては廃車として買取に出すことはできません。

ですがもし廃車にする理由が「交通事故」や「災害」などのやむをえない理由であるというような場合には、ローン会社に対してその旨を伝え、所有権留保を解除してもらうことで廃車手続きを開始することが可能です。

とはいえこうした特殊な事情が理由で廃車にするというような場合であっても、ローン会社が自動車の状態を見て「修理して使用することが可能」と判断した場合には、廃車にせず修理をして使用することを求められるケースもあります。

この「修理をするか廃車にするか」という判断については、個々のローン会社によって基準が異なることとなってきますから、「こうした条件であれば間違いなく可能である」ということはできません。

また廃車にすることを認められたとしても、現状の残債は基本的に全額を支払うことが義務とされます。ローンが残っている車を廃車にするということは、非常にリスクのある行為となっていますから、なるべくであればローンの支払いが終わるまでは大切に自動車に乗り続けたほうが無難といえるでしょう。

Copyright©2017 廃車にしてもらえる還付金の制度を知りましょう All Rights Reserved.